中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 点の移動(中学受験 算数 練習問題) | トップページ | 正方形の一辺の長さ(中学受験 算数問題 女子学院2009) »

2009年6月23日 (火)

規則性(SAPIX6月マンスリー算数問題より)

Kisoku0

息子の答えは合っていたのですが、

問題用紙の筆跡をみると、

どうも模範解答と違ったとき方を

しているみたいなのです。

Kisoku1

標準解答はコチラ

ムービー解答が表示されないときはコチラ

息子は2つずつのブロックに分けて、

20番目は⑩ブロックの右側だから

分子は10で分母は1たして11って

やったみたいです。

Kisokumusuko

「この分数、どんな規則でならんでいると思う?」

って聞いたら、

「後の分子と分母をたすと前の分母になる」

って言うのです。

確かにそうなるみたいだけど・・・

こっれって本当にこの問題の規則なのか

よくわからなくなりました???

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

規則性の問題も目で見てわかるアニメーション教材が豊富です!

Te12 イメージでわかる中学受験算数

待ち時間、移動時間で中学受験問題を解いてみてください(携帯サイトQGコードは左上にあります)

Ya脳を鍛える 中学受験問題に挑戦!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

« 点の移動(中学受験 算数 練習問題) | トップページ | 正方形の一辺の長さ(中学受験 算数問題 女子学院2009) »

中学受験」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

息子さんの解法素晴らしいと思いますよ。
私も模範解答を想像しましたが、全ての要素をひとつの規則性にくくる必要は無いと思います。奇数番目と偶数番目で別の規則になっていると考えても別に問題はないと思います。2つをペアにした考え方を思いつくのは素晴らしいと思います。
そんな問題が中学入試に出るとは思いませんが、たとえば、「偶数番目は増加し、奇数番目は減少する」規則だってありえるわけですから。

息子のこと評価していただいてありがとうございます。ただ結果オーライのような気もするんです。問題文に「点PがF→E→F→Eと、1往復した後Eまで来ると・・・」と書いてあるのを「Eまできたら1往復半じゃん、なんでまたEまで行くんだよ」ってピントがずれるとずれまくります。結果が良くなればいいんですけどね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/45428734

この記事へのトラックバック一覧です: 規則性(SAPIX6月マンスリー算数問題より):

« 点の移動(中学受験 算数 練習問題) | トップページ | 正方形の一辺の長さ(中学受験 算数問題 女子学院2009) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

すずきたかし先生のネット塾

Analytics