中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 等積変形(慶應義塾中等部 2009年 受験算数問題より) | トップページ | 台形と面積比つづき(四谷大塚 合不合判定予備テストより) »

2009年7月31日 (金)

道順は何通り(四谷大塚 第2回合不合判定予備テストより)

----------------------------------------------------

Mondai0

8つの点ABCDEFGHを結ぶ線があり、角の部分はすべて直角になっています。この線上を、同じ点を2回以上通らないで進むとき、

(1)点Aから点Dまで最も短い道のりで進む道順は、全部で何通りありますか?

(2)点Aから点Hまで進む道順は、全部で何通りありますか?

「(1)はできてるけど(2)が間違っているね」

「(1)は和の法則を使った」

「動きのイメージとしてはこうね」(クリックを)

Mondai1

「交点で数字をたしていくから、答えは4通り」

「そう、でも(2)なんで2通りって書いたの」

「だってこの和の法則で見たらHでは2通りだろ?」

「これは遠回りしてもいいの」

「えっ、だって問題には同じ点を2回以上通ってはいけないって書いてある」

「同じところを通らなければ、遠回りしてもいいわけ」

「遠回りする必要なんかないのに・・・」

「だいたい(2)が(1)より簡単なはずないでしょ」

「ふん」

「(2)のイメージはこうなる」(クリックを)

「樹形図書くのか・・・」

Mondai2

「で、6通り」

「この何通り?っていう問題きらいだ」

「パターンを覚えていくしかないでしょ?」

「何通り?」

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

場合の数など、目で見てわかるアニメーション教材が豊富です!

Te12 イメージでわかる中学受験算数

待ち時間、移動時間で中学受験問題を解いてみてください(携帯サイトQGコードは左上にあります)

Ya脳を鍛える 中学受験問題に挑戦!

中学受験の情報がたくさんあります。

参考になりますよ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

« 等積変形(慶應義塾中等部 2009年 受験算数問題より) | トップページ | 台形と面積比つづき(四谷大塚 合不合判定予備テストより) »

中学受験」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/45791272

この記事へのトラックバック一覧です: 道順は何通り(四谷大塚 第2回合不合判定予備テストより):

« 等積変形(慶應義塾中等部 2009年 受験算数問題より) | トップページ | 台形と面積比つづき(四谷大塚 合不合判定予備テストより) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すずきたかし先生のネット塾

Analytics