中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 道順の場合の数、基本問題(栄東中学 受験算数問題) | トップページ | 折り紙の角度(青山学院中学 受験算数問題 2009年) »

2009年11月25日 (水)

間かくの規則性(Sunday Sapixより)

難度レベルA

道路の左側には45mの間かくで交通標識が、右側には60mの間かくで街灯が立ててあり、どちらも端から端までならんでいて、本数の差は40本です。

(1)道路の長さを求めなさい。

(2)街灯の本数を求めなさい。

「図にしてみると・・・」

Ki1

「なんで最小公倍数を使うのかわからない」

「端から数えて最初に右と左がそろうところだからでしょ」

Ki2

「それが180m?」

「道路がもし180mだったら左右の差は何本になるか考えるの」

「左の交通標識は180÷45+1で5本、右の街灯は180÷60+1出4本だから、差は1本」

「差は40本になったわけだから、180mの40倍でしょ?」

「180×40で7200m

「街灯は60mごとだから・・・」

7200m÷60m=120←街灯の間かくの数

120+1=121本

「最小公倍数の180じゃなくて45×60の2700でも計算できる?」

「やってみたら」

2700÷45+1=61本

2700÷60+1=46本

61本-46本=15本

「40本差だから15本の40/15倍だね」

「8/3だから2700mにかけると・・・、7200mになる」

「45と60の公倍数なら全部できるでしょうけど、計算がしにくくなるね」

「最小公倍数が一番計算しやすいってことなのか」

規則性、比などわかりやすいアニメーション解説が豊富です。

Te12 イメージでわかる中学受験算数

待ち時間、移動時間で中学受験問題を解いてみてください!(携帯サイトQGコードは左上にあります)

Ya脳を鍛える 中学受験問題に挑戦!

↓中学受験のがんばるドラマがいっぱいあります!

(ランキング参加中、クリック応援をよろしく!)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

« 道順の場合の数、基本問題(栄東中学 受験算数問題) | トップページ | 折り紙の角度(青山学院中学 受験算数問題 2009年) »

中学受験」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/46854608

この記事へのトラックバック一覧です: 間かくの規則性(Sunday Sapixより):

» 福岡県高校受験ブログ [福岡県高校受験ブログ]
受験の情報満載です! [続きを読む]

« 道順の場合の数、基本問題(栄東中学 受験算数問題) | トップページ | 折り紙の角度(青山学院中学 受験算数問題 2009年) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すずきたかし先生のネット塾

Analytics