中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 正五角形の角度(筑波大学附属中学 2007年算数入試問題) | トップページ | 移し変えた食塩水の濃度(天びん図の使い方) »

2010年9月14日 (火)

比が異なるとき(中学受験算数 割合と比)

甲の袋と乙の袋に白い玉と黒い玉が混ぜて入れてあります。甲、乙の袋の中にある玉全体の数の比は8:3で、白い玉と黒い玉の数の比は、甲では1:3で、乙では4:5です。そして、甲、乙の玉をあわせた全体では白い玉は黒い玉より156個だけ少なくなります。甲の袋に入っている玉の個数はいくらですか。

表にまとめてみると・・・

9141_2

どう比をそろえるか?

4+5=9が3に当たるから8は×8/3=24

241:3に分けると・・・

6:18

9142_2 

●(18+)-○(6+4)=13が156個に当たるから、

に当たるのは156÷13=12個」

甲はいくつ?

「12×(6+18)=288個

受験までに算数の全分野をカバー!

毎日3問、15分で受験算数の解法イメージ力がつく、すずきたかし先生の「トクとくネット」塾開講中downwardleft

イメージでわかる中学受験算数

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村→現在、「中学受験」項目のブログ数752!

« 正五角形の角度(筑波大学附属中学 2007年算数入試問題) | トップページ | 移し変えた食塩水の濃度(天びん図の使い方) »

中学受験」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

比と割合」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/49443956

この記事へのトラックバック一覧です: 比が異なるとき(中学受験算数 割合と比):

« 正五角形の角度(筑波大学附属中学 2007年算数入試問題) | トップページ | 移し変えた食塩水の濃度(天びん図の使い方) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

すずきたかし先生のネット塾

Analytics