中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

« 立方体と球の重なり(本郷中学 2009年) | トップページ | 超発想の立体図形問題(第9回算数オリンピック ファイナル) »

ややこしい速さの問題(中学受験算数 速さ)

P地点からQ地点までの52kmの道のりを、A、B、Cの3人が進みます。Aはつねに車に乗り、あともう1人だけ乗せることができます。最初、AはCを乗せ、Bは歩いて同時にQ地点へ向けてP地点を出発しました。Aは途中のR地点でCを降ろし、Bを迎えに引き返しました。CはR地点から徒歩でQ地点に向かいました。一方、AはS地点でBと出会ってそこでBを乗せ、引き返して再びQ地点へ向かいました。その結果、3人は同時にQ地点に到着しました。このとき、P地点からQ地点まで3人が移動するのにかかった時間は何時間何分ですか。なお、A、B、Cの速さは、順に時速42km、時速7km、時速6kmです。

1222zu2 1222zu1

考え方とこたえ!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

« 立方体と球の重なり(本郷中学 2009年) | トップページ | 超発想の立体図形問題(第9回算数オリンピック ファイナル) »

ゲーム」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

比と割合」カテゴリの記事

速さ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ややこしい速さの問題(中学受験算数 速さ):

« 立方体と球の重なり(本郷中学 2009年) | トップページ | 超発想の立体図形問題(第9回算数オリンピック ファイナル) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


すずきたかし先生のネット塾

Analytics