中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 頭の中で図形回転(女子学院中学 2011年) | トップページ | 体積は何倍になるか?(洛南高等学校附属中学 2010年) »

対戦相手の推理問題(本郷中学 2011年)

チームXとチームYの2つのチームがあり、チームXにはA、B、C、D、Eの5人の選手が、チームYにはF、G、H、I、Jの5人の選手がいます。いま、チームXの選手とチームYの選手が1人ずつ出て対戦するゲームを行います。チームXの5人とチームYの5人の強さの関係は下の[表1]のようになっています。例えば、AとFの対戦ではFの方が強く、AとGの対戦ではAの方が強いことを示しています。また、このゲームでは、弱い選手は強い選手に勝つことはないものとし、引き分けはありません。チームYがすべての対戦で勝つとき、Hと対戦するのは誰ですか。

519

上の表で、○がついている場所はチームXの選手の方が強く、△がついている場所はチームYの選手の方が強いことを示しています。

推理と答え

FaceBookをなさっている方で、この記事が気に入ったら押してみて下さい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

« 頭の中で図形回転(女子学院中学 2011年) | トップページ | 体積は何倍になるか?(洛南高等学校附属中学 2010年) »

クイズ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

論証と推理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/51710790

この記事へのトラックバック一覧です: 対戦相手の推理問題(本郷中学 2011年):

« 頭の中で図形回転(女子学院中学 2011年) | トップページ | 体積は何倍になるか?(洛南高等学校附属中学 2010年) »

スポンサード リンク


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すずきたかし先生のネット塾

Analytics