中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 第12回 算数オリンピック、トライアル問題より | トップページ | つるかめ算の応用問題(城北中学 2011年) »

2012年5月28日 (月)

手がかりはどこに?(東京学芸大学附属竹早中学 2006年)

下の図は、半径4cmの半円と、半円の直径を底辺とする二等辺三角形ABCが点D,Eで交わっています。角A=45°のとき、色のついた部分の面積を求めなさい。

1

考え方と答え

ふしぎな動画で頭の休憩→「不思議な休憩室」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 第12回 算数オリンピック、トライアル問題より | トップページ | つるかめ算の応用問題(城北中学 2011年) »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/54819406

この記事へのトラックバック一覧です: 手がかりはどこに?(東京学芸大学附属竹早中学 2006年):

« 第12回 算数オリンピック、トライアル問題より | トップページ | つるかめ算の応用問題(城北中学 2011年) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

すずきたかし先生のネット塾

Analytics