中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« おうぎ形の軌跡は?(淑徳与野中学 2011年) | トップページ | 平行線を利用した相似問題(栄東中学東大クラス選抜 2010年) »

2012年6月 1日 (金)

規則性と法則を見つけていく難問(筑波大学附属駒場中学 2006年)

次のように、輪ゴムを立方体の箱にかけます。

・輪ゴムは立方体の辺と直角に交わる

・向きが同じ輪ゴムは重ならない

かけた輪ゴムどうしの交点の個数について考えます。たとえば、下の図のように3本の輪ゴムをかけると、交点は4個できます。このとき、次の問に答えなさい。

(1)3本の輪ゴムをかけるとき、交点は最も多くて何個できますか。

(2)5本の輪ゴムをかけたところ、交点は12個ありました。さらに3本の輪ゴムをかけると、交点は全部で何個になりますか。最も多い場合と最も少ない場合の個数を答えなさい。

(3)100本の輪ゴムをかけるとき、交点は最も多くて何個できますか。

1

考え方と答え

ふしぎな動画で頭の休憩→「不思議な休憩室」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« おうぎ形の軌跡は?(淑徳与野中学 2011年) | トップページ | 平行線を利用した相似問題(栄東中学東大クラス選抜 2010年) »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

規則性」カテゴリの記事

論証と推理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/54848591

この記事へのトラックバック一覧です: 規則性と法則を見つけていく難問(筑波大学附属駒場中学 2006年):

« おうぎ形の軌跡は?(淑徳与野中学 2011年) | トップページ | 平行線を利用した相似問題(栄東中学東大クラス選抜 2010年) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

すずきたかし先生のネット塾

Analytics