中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 数列の規則性を考える問題(学習院女子中等科 2013年) | トップページ | この中学ではよく出題される面積比問題(桐光学園中学 2010年) »

点が移動する旅人算(筑波大学附属駒場中学 2010年)

----------------------------------------------------

平面上に点Oと点Pがあり、下の図1のように、Oを中心とする円と、Pを中心とする円があります。さらに、Pを中心とする円の周上に点Qがあります。

    Pic_2705q

Pは、Oを中心とする円の周上を時計回りに一定の速さで動き続け、Oのまわりを1周するのに9秒かかります。このとき、Pを中心とする円もPと共に動きます。また、Qは、Pを中心とする円の周上を時計回りに一定の速さで動き続け、Pのまわりを1周するのに5秒かかります。

P,Qは、図1の位置から同時に動き始め、たとえば1秒後には下の図2のようになります。このとき、次の問に答えなさい。

    Pic_2706q

(1)動き始めてからPがOのまわりを1周するまでに、3点O,P,Qを結ぶと一直線になることは何回ありますか。ただし、動き始めたときは回数に含みません。

(2)点Rは、Pを中心とする円の周上を、Qと逆回りに一定の速さで動き続け、Pのまわりを1周するのに3秒かかります。Rは、 Qと同じ位置から、Qと同時に動き始めます。

(ア)3点P,Q,R を結ぶと初めて一直線になるのは、動き始めてから何秒後ですか。動き始めたときは含みません。

(イ)動き始めてから2010秒後までに、4点O,P,Q,Rを結ぶと一直線になることは何回ありますか。ただし、動き始めたときは回数に含みません。

図解による解法例

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

算数パズルを楽しく!→「パズル算数クイズ」

65分野細目別解法→「中学入試算数の分野別解法」

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 数列の規則性を考える問題(学習院女子中等科 2013年) | トップページ | この中学ではよく出題される面積比問題(桐光学園中学 2010年) »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

図形の移動」カテゴリの記事

旅人算」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

速さ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数列の規則性を考える問題(学習院女子中等科 2013年) | トップページ | この中学ではよく出題される面積比問題(桐光学園中学 2010年) »

スポンサード リンク


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すずきたかし先生のネット塾

Analytics