中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« ままこだて問題の規則性(武蔵中学 2011年) | トップページ | ちょっと難しいカード配りの論理問題(東海中学 2011年) »

2013年9月24日 (火)

山上りと下りの時間と距離(芝中学 2010年)

----------------------------------------------------

下の図1のように、P町からQ町までの間に2つの峠があります。A君はP町からQ町へ、B君はQ町からP町へ向かって同時に出発して歩いていきました。2人の歩く速さは等しく、上りは毎時2km、下りは毎時4kmで一定です。2人のかかった時間とP町からの道のりとの関係を下の図2で示しています。このとき、次の問に答えなさい。

Pic_2113q

Pic_2114q

(1)P町からQ町までの道のりは、何kmですか。

(2)峠から峠までの道のりは、何kmですか。

図解による解法例

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

算数パズルを楽しく!→「パズル算数クイズ」

65分野細目別解法→「中学入試算数の分野別解法」

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« ままこだて問題の規則性(武蔵中学 2011年) | トップページ | ちょっと難しいカード配りの論理問題(東海中学 2011年) »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

変化とグラフ」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

速さ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ままこだて問題の規則性(武蔵中学 2011年) | トップページ | ちょっと難しいカード配りの論理問題(東海中学 2011年) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

すずきたかし先生のネット塾

Analytics