中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 立方体の切り口を考える(早稲田中学 2010年) | トップページ | 覚えておきたい正方形の切り取り(世田谷学園中学 2009年)  »

2013年10月 1日 (火)

理科の計算問題(麻布中学 2013年)

----------------------------------------------------

火星は地球と同じように、太陽を中心とする円を描いて太陽の周りを回っている天体(惑星)です。地球と火星が太陽の周りを回る向きは同じです。地球と太陽のキョリは 1.5億km あり、火星と太陽のキョリは、地球と太陽のキョリの 1.5倍です。また、地球は1年かけて太陽の周りを1周し、火星は 1.9年かけて太陽の周りを1周します。このとき、次の問に答えなさい。ただし、円周率は 3.1として計算しなさい。

1

(1)地球が太陽の周りを回る速さは秒速何kmですか。1年は0.31億秒として計算し、答えが整数にならないときは小数第1位を四捨五入しなさい。

(2)地球と火星が最も近づいたときのキョリは何億kmですか。答えは小数第2位まで求めなさい。

(3)2012年の8月にアメリカは火星探査機キュリオシティを火星に送り届けることに成功しました。探査機と通信するための電波は、光と同じ秒速 30万km(秒速0.003億km)で伝わります。地球と火星が最も近づいたとき、通信(往復)に何秒かかりますか。

計算と解答例

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

算数パズルを楽しく!→「パズル算数クイズ」

65分野細目別解法→「中学入試算数の分野別解法」

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 立方体の切り口を考える(早稲田中学 2010年) | トップページ | 覚えておきたい正方形の切り取り(世田谷学園中学 2009年)  »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

単位換算」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立方体の切り口を考える(早稲田中学 2010年) | トップページ | 覚えておきたい正方形の切り取り(世田谷学園中学 2009年)  »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すずきたかし先生のネット塾

Analytics