中学受験算数   アニメーション教材

不思議な休憩室

不思議体験!おすすめ動画

« 何枚使うかな?(立教池袋中学 2014年) | トップページ | 今年2015年の灘中学1日目、最初の計算問題は? »

今年(2015年)はこんな問題が!正方形の移動(浦和明の星女子中学)

----------------------------------------------------

1辺の長さが4cmの正方形Aと1辺の長さが2cmの正方形Bがあります。

この2つの正方形が22cm離れた2つの壁の間を、90秒間、往復を繰り返します。

AとBは、下の図のような状態から出発し、

それぞれの正方形の対称の中心が2.5cm離れた直線の上にあるように動きます。

下のグラフは、動きだしてからの時間と、

出発した側の壁から正方形の対称の中心までの距離の関係を表したものです。

(1)2つの正方形の速さをそれぞれ答えなさい。

    また、グラフの[ア]にあてはまる数を答えなさい。

(2)動きだしてから何秒後に、2つの正方形の重なった部分がはじめてなくなりますか。

(3)2つの正方形が重なっている時間の合計は何秒間ですか。

1

2

考え方と解法例はこちらに!

---------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 何枚使うかな?(立教池袋中学 2014年) | トップページ | 今年2015年の灘中学1日目、最初の計算問題は? »

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

図形の移動」カテゴリの記事

変化とグラフ」カテゴリの記事

旅人算」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

速さ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何枚使うかな?(立教池袋中学 2014年) | トップページ | 今年2015年の灘中学1日目、最初の計算問題は? »

スポンサード リンク


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

すずきたかし先生のネット塾

Analytics