68分野細目記事リスト

不思議な休憩室

« シンプルな基本図形問題(芝浦工業大学中学 2010年) | トップページ | 今年の問題から→どう等積移動しますか?(頌栄女子学院中学 2014年) »

作図しながら考える図形問題(高槻中学 2014年)

----------------------------------------------------

(1)標準レベル(2)応用レベル(3)応用レベル

下の図の四角形ABCD は、ADとBCが平行な台形です。

辺AB上に点E があり、四角形ABCD はCE によって面積が二等分されます。また、辺BC上に点F があり、四角形ABCD はDF によって面積が二等分されます。さらに、辺CD上に点G があり、四角形ABCD は BGによって面積が二等分されます。このとき、次の問に答えなさい。

  Pic_3742q

(1)AE の長さと BF の長さを求めなさい。

(2)EG の長さを求めなさい。

(3)三角形EFG の面積と四角形ABCD の面積の比を最も簡単な整数の比で表しなさい。

考え方と解法例

---------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« シンプルな基本図形問題(芝浦工業大学中学 2010年) | トップページ | 今年の問題から→どう等積移動しますか?(頌栄女子学院中学 2014年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

図形」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作図しながら考える図形問題(高槻中学 2014年):

« シンプルな基本図形問題(芝浦工業大学中学 2010年) | トップページ | 今年の問題から→どう等積移動しますか?(頌栄女子学院中学 2014年) »

スポンサード リンク


2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31