中学別の過去問解法集

« 立方体の展開図(筑波大学附属中学 2011年) | トップページ | 立体上の点の移動(桜蔭中学 2012年) »

増え続ける面積 (立教池袋中学 2010年)

下の図のように、垂直に交わった2つの直線の間に、円の4分の1のおうぎ形の紙を矢印の方向に次々置き、5番目からは重ねて置いて、1つの図形を作っていきます。1番目のおうぎ形の半径は2cm、2番目のおうぎ形の半径は4cm、3番目のおうぎ形の半径は6cm、・・・ と、半径の長さを2cmずつ長くしていきます。円周率を3.14として次の問に答えなさい。

   Pic_2180q

(1)16番目のおうぎ形まで置いたとき、できた図形の周りの長さを求めなさい。

(2)できた図形の周りの長さが382.52cm になるのは、何番目のおうぎ形まで置いたときですか。
 

考え方と答え

-----------------------------------

-----------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 立方体の展開図(筑波大学附属中学 2011年) | トップページ | 立体上の点の移動(桜蔭中学 2012年) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増え続ける面積 (立教池袋中学 2010年):

« 立方体の展開図(筑波大学附属中学 2011年) | トップページ | 立体上の点の移動(桜蔭中学 2012年) »

スポンサード リンク


不思議な休憩室