中学別の過去問解法集

« 7倍すると6桁の数に(早稲田中学 2012年) | トップページ | ひもは何cm必要か?(立教女学院中学 2011年) »

立方体の中の三角形形の回転(市川中学 2012年)

----------------------------------------------------

下の図のように、1辺の長さが2cmの立方体ABCD-EFGHがあります。点P が立方体の辺上を点F から点G を通って点Hまで動きます。さらに面EFGH上で、2点E,P を結ぶ直線上に点E からの長さが1cm となるような点Qをとります。このとき、次の問に答えなさい。

    Pic_3087q_2

(1)点Q が動いたあとを下の図2に描きなさい。

        Pic_3088q

(2)角FEP が30度となるところに点Pをとるとき、三角形AQHを辺AE を軸として1回転させたときにできる立体の体積を求めなさい。

参考イメージ図と答え

-----------------------------------

-----------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 7倍すると6桁の数に(早稲田中学 2012年) | トップページ | ひもは何cm必要か?(立教女学院中学 2011年) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立方体の中の三角形形の回転(市川中学 2012年):

« 7倍すると6桁の数に(早稲田中学 2012年) | トップページ | ひもは何cm必要か?(立教女学院中学 2011年) »

スポンサード リンク


不思議な休憩室