« 正三角形の数え方 | トップページ | 台形を移動したときの面積と長さ »

差集め算の考え方

長さ100mのA、B2個の巻尺で、2地点間の距離をはかりました。 Aではかった結果は2550mで、Bではかった結果は2475 m でした。 この2つの巻尺には、少しくるいがあり、A、Bの長さをくらべたら、正しいものさしで3mの差がありました。

(1)A、Bの巻尺を、それぞれ正しいものさしではかると、何cm   のくるいがありますか。

(2)Aの巻尺ではかって、1000mの距離は、正しいものさしでは   かれば何mですか。

図解による解法

-----------------------------------

-----------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 正三角形の数え方 | トップページ | 台形を移動したときの面積と長さ »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

差集め算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 差集め算の考え方:

« 正三角形の数え方 | トップページ | 台形を移動したときの面積と長さ »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31