« 図形の対称性をイメージでとらえる!(普連土学園中学 2009年) | トップページ | 比例関係を解く手順→二酸化炭素の排出量(神戸女学院中等部 2008年) »

点が動く範囲を考える(公文国際学園中等部 2007年)

----------------------------------------------------

平面上で長さ3cmの直線を4本組み合わせて折れ線を作ります。両側の点をA,Bとし、つなぎ目の点をP,Q,Rとします。このとき、直線AP、PQ、QR、RBは重なったり回転したり自由に動けます。円周率を3.14として次の問に答えなさい。

    Pic_0959q

(1)点Aを固定するとき、折れ線APQが通過できる部分の面積を求めなさい。折れ線APQは直線になることもあります。

(2)2点A,Bを6cm離れたところで固定するとき、折れ線APQRBのうち、直線RBが通過できる部分の面積を求めなさい。

(3)2点A,Bを6cm離れたところで固定するとき、点Qが通過できる部分の周の長さは何cmですか。

(4)2点A,Bを、ABの長さが、面積が36c㎡の正方形の対角線の長さに等しくなるように固定すると点Qが通過できる部分の面積を求めなさい。

点の移動範囲と解法例

-----------------------------------

-----------------------------------

-----------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 図形の対称性をイメージでとらえる!(普連土学園中学 2009年) | トップページ | 比例関係を解く手順→二酸化炭素の排出量(神戸女学院中等部 2008年) »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

図形の移動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 点が動く範囲を考える(公文国際学園中等部 2007年):

« 図形の対称性をイメージでとらえる!(普連土学園中学 2009年) | トップページ | 比例関係を解く手順→二酸化炭素の排出量(神戸女学院中等部 2008年) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31