« 点が動く範囲を考える(公文国際学園中等部 2007年) | トップページ | 等積移動の極意!(四天王寺中学 2011年) »

比例関係を解く手順→二酸化炭素の排出量(神戸女学院中等部 2008年)

----------------------------------------------------

同じ量のエネルギーを作り出すとき、石炭を使うと二酸化炭素の排出(はいしゅつ)量が最も多く、それに対して石油は石炭の8割、天然ガスは石炭の5割5分です。現在日本の上記エネルギー源の割合は、石油53%、石炭17%、天然ガス10%ですが、二酸化炭素の排出量を減らすため、この割合を10年後には石油42%、石炭18%、天然ガス15%にするという目標を立てています。もし現在この目標を達成したならば、上記のエネルギー源からの二酸化炭素の排出量は、全体として何%減らすことができますか。四捨五入して小数第1位まで答えなさい。

Cc007es

考え方と解法例

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 点が動く範囲を考える(公文国際学園中等部 2007年) | トップページ | 等積移動の極意!(四天王寺中学 2011年) »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

割合と比」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 点が動く範囲を考える(公文国際学園中等部 2007年) | トップページ | 等積移動の極意!(四天王寺中学 2011年) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31