« 的当てのつるかめ算を考える!(明星中学 2010年) | トップページ | 速さの比と距離の比の関係の考え方(雙葉中学 2013年) »

針の角度と時刻の関係をつかむ!(海城中学 2011年)

----------------------------------------------------

長針、短針、秒針のついた時計について、次の【ア】~【カ】にあてはまる数を求めなさい。ただし、秒の値のみ分数で答えなさい。

(1)7時から8時の間で、長針と短針の間の角の大きさが60度になる時刻は、1回目が 7時【ア】分【イ】秒で、2回目が7時【ウ】分【エ】秒です。

(2)7時から8時の間で、短針と秒針の間の角の大きさが120度になる 23回目 の時刻は、7時【オ】分【カ】秒です。

Tokei

考え方と答え

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

参考イメージ図と解法例

« 的当てのつるかめ算を考える!(明星中学 2010年) | トップページ | 速さの比と距離の比の関係の考え方(雙葉中学 2013年) »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

角度」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

時計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 針の角度と時刻の関係をつかむ!(海城中学 2011年):

« 的当てのつるかめ算を考える!(明星中学 2010年) | トップページ | 速さの比と距離の比の関係の考え方(雙葉中学 2013年) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31