« 知っておくと役に立つ計算の法則!(豊島岡女子学園中学 2007年) | トップページ | お金の交換比率の考え方(2013年 雙葉中学) »

規則性のある植木算の解き方(弘学館中学 2010年)

----------------------------------------------------

1辺が 2cm の正方形を下の図のように、1辺の長さが 1cm の正方形の部分が重なるようにはり合わせます。このとき、次の問に答えなさい。

(1)下の図1、図2のように、正方形を2枚はり合わせたときと、3枚はり合わせたときの図形の周の長さを求めなさい。

  Pic_3533q

(2)正方形を100枚はり合わせたときの周の長さを求めなさい。

(3)何枚かはり合わせたとき、周の長さが 1000cm となりました。このとき、何枚正方形をはり合わせましたか。

規則性と解法例

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 知っておくと役に立つ計算の法則!(豊島岡女子学園中学 2007年) | トップページ | お金の交換比率の考え方(2013年 雙葉中学) »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

規則性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規則性のある植木算の解き方(弘学館中学 2010年):

« 知っておくと役に立つ計算の法則!(豊島岡女子学園中学 2007年) | トップページ | お金の交換比率の考え方(2013年 雙葉中学) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31