« くり抜かれた立体の体積と表面積を求める!(城北中学 2011年) | トップページ | 重さの組み合わせを考える手順(明星中学 2012年) »

どんな増え方をするか?(須磨学園中学 2013年)

----------------------------------------------------

下の図のように黒石と白石を一段ずつ交互に規則正しく並べていきます。このとき、次の問に答えなさい。

  Pic_3598q

(1)8段目まで並べたとき、石の個数は全部で何個になりますか。

(2)10段目まで並べたとき、黒石と白石の個数の差は何個になりますか。

(3)黒石と白石の個数の差が 66個 になるのは、何段目まで並べたときですか。

増え方の規則性と解法例

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

全国135中学校の入試算数問題にチャレンジ!

これが中学入試に出た図形問題!

パズルのような算数クイズ

中学受験算数、解法の極意!

受験算数の親子教室、ママだって家庭教師

Arithmetic Puzzles

1500問を超える解法集!どう解く?中学受験算数

アニメーションでイメージをつかむ解法

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« くり抜かれた立体の体積と表面積を求める!(城北中学 2011年) | トップページ | 重さの組み合わせを考える手順(明星中学 2012年) »

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

規則性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんな増え方をするか?(須磨学園中学 2013年):

« くり抜かれた立体の体積と表面積を求める!(城北中学 2011年) | トップページ | 重さの組み合わせを考える手順(明星中学 2012年) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31