« 点の移動とグラフ作成(開成中学 2008年) | トップページ | いちばん小さい答えはいくつ?(攻玉社中学 2014年) »

算数解法の極意!面積比を考える視点(中央大学附属中学 2010年)

----------------------------------------------------

長方形を下の図のように2本の直線で区切ったところ、

Aの部分とBの部分の面積の比が3:2となりました。

このとき、Cの部分とDの部分の面積の比をもっとも簡単な整数の比で答えなさい。

1_2

考え方と解法例はこちらに!

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------------

全国135中学校の入試算数問題にチャレンジ!

これが中学入試に出た図形問題!

パズルのような算数クイズ

中学受験算数、解法の極意!

受験算数の親子教室、ママだって家庭教師

Arithmetic Puzzles

1500問を超える解法集!どう解く?中学受験算数

アニメーションでイメージをつかむ解法

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

« 点の移動とグラフ作成(開成中学 2008年) | トップページ | いちばん小さい答えはいくつ?(攻玉社中学 2014年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

極意」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

面積比、長さ比」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 点の移動とグラフ作成(開成中学 2008年) | トップページ | いちばん小さい答えはいくつ?(攻玉社中学 2014年) »

スポンサード リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31