ショートプラネタリウム

スポンサード リンク


« 向かい合う面が7にならないサイコロ(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) | トップページ | 小学生ならすぐ解けるかな?(第9回算数オリンピック、トライアル問題より) »

2013年6月 6日 (木)

どうやって推理していきますか?(第4回ジュニア算数オリンピック、トライアル問題より)

----------------------------------------------------

①~⑫の数が書かれた玉が1つずつ、合計12個あります。
 
一郎、二郎、三郎の3人が4個ずつとりました。

すると、3人のもっている玉に書かれた数の和が

3人とも同じになりました。
  
つぎの3つのヒントを読んで問いに答えてください。
       
ヒント1:一郎には⑤と⑫があります。
        
ヒント2:二郎には⑥と⑧があります。
       
ヒント3:三郎には①があります。
      
さて、三郎のもっている残りの3個の玉に書かれた数字は

それぞれいくつですか。

推理と解答例

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

算数パズルを楽しく!→「パズル算数クイズ」

65分野細目別解法→「中学入試算数の分野別解法」

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 向かい合う面が7にならないサイコロ(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) | トップページ | 小学生ならすぐ解けるかな?(第9回算数オリンピック、トライアル問題より) »

算数オリンピック」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

数の性質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向かい合う面が7にならないサイコロ(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) | トップページ | 小学生ならすぐ解けるかな?(第9回算数オリンピック、トライアル問題より) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31