ショートプラネタリウム

スポンサード リンク


« 面積の差は?(2008年算数オリンピック、ファイナル問題から) | トップページ | シンプルですが難しい!(2007年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

2014年4月28日 (月)

星が沈んだ時刻は?(2005年算数オリンピック、ファイナル問題より)

----------------------------------------------------

午後6時30分,北の空に北極星Nと直角二等辺三角形の形になる星A,B,Cが図のように見えました(Nの左にB,Bの上にC,Cの左にAで,NB=BC=CA)。何時間か後に星Aと星Bが同時に地平線に沈みました。そのあと星Cが沈みました。星Cが沈んだ時刻を求めなさい。ただし,星A,B,Cは北極星の周りを24時間かけて反時計回りに1周します。また地平線は水平な直線とします。 

1

図解と答え

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

算数パズルを楽しく!→「パズル算数クイズ」

65分野細目別解法→「中学入試算数の分野別解法」

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

« 面積の差は?(2008年算数オリンピック、ファイナル問題から) | トップページ | シンプルですが難しい!(2007年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

算数オリンピック」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

図形の移動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 面積の差は?(2008年算数オリンピック、ファイナル問題から) | トップページ | シンプルですが難しい!(2007年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31