スポンサード リンク


ショートプラネタリウム

« 角ABCは何度?(2008年算数オリンピック、トライアル問題から) | トップページ | 9枚のカードの和は?(第10回算数オリンピック、トライアル問題より) »

2015年8月15日 (土)

6つに区切られた36マス(2010年ジュニア算数オリンピック、ファイナル問題から)

----------------------------------------------------

図のような36マスに、次の4つの条件を満たすように数字を入れていきます。

①6つの行のどの行にも1~6が1つずつ入っている。

②6つの列のどの列にも1~6が1つずつ入っている。

③2つの対角線上の6マスにも1~6が1つずつ入っている。

④太線で囲まれた6つの部分に入る数字の積はすべて等しい。

1

太線で囲まれた部分に入る数字の積はいくつですか?

考え方と答え

---------------------------------------------------

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

スマホ向け解法集→「中学受験ー算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解き絵さんの受験算数日記!

1分で解ける算数

入試算数、過去問ツアー

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

« 角ABCは何度?(2008年算数オリンピック、トライアル問題から) | トップページ | 9枚のカードの和は?(第10回算数オリンピック、トライアル問題より) »

カッティングパズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

コメント

実際はこの表を数字で埋める問題が出題されたのでしょうか?

勝手に解いてみましたが、一風変わったナンバープレイスを解いているようで楽しめました。

楽しんでもらえてよかったです。
実はこの問題は、(1)~(4)まであって、積を求めるのは(1)、
以下ご参考までに、(2)~(4)も書いておきます。
(2)A、B2マスに入る数字はいくつですか?
(3)C、D2マスに入る数字はいくつですか?
(4)E、F2マスに入る数字はいくつですか?
解答はけっこう長くなります。お時間のある時に楽しんでください。
また、よろしくおねがいします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540150/62085210

この記事へのトラックバック一覧です: 6つに区切られた36マス(2010年ジュニア算数オリンピック、ファイナル問題から):

« 角ABCは何度?(2008年算数オリンピック、トライアル問題から) | トップページ | 9枚のカードの和は?(第10回算数オリンピック、トライアル問題より) »