スポンサード リンク


不思議な休憩室

ユーチューブ算数

« ビミョーなおうぎ形 | トップページ | まわりの長さは何cm?(第6回ジュニア算数オリンピック、トライアル問題より) »

江戸時代、「薬師算」と呼ばれた方陣算パズル(浅野中学 2010年)

図の(A)のような、一辺が5個の正方形に置いた碁石を、(B)のように、たての列の個数が(A)と同じになるように並べかえます。すると(B)は、たての列が3列と余り1個となります。同じように、一辺が5個以上の正方形の形に置いた碁石を並べかえたときの余りの個数のことを「端数」と呼ぶごとにします。図の場合は、「端数が1」となるわけです。このとき、次の(1)~(3)の問いに答えなさい。

1006

(1)一辺が6個の正方形を並べかえたときの端数を求めなさい。
(2)端数が4となるときの碁石の総数を求めなさい。
(3)碁石の総数は(端数)×[ア]+[イ]で求めることができます。
 [ア]、[イ]にあてはまる数をそれぞれ求めなさい。

考え方と答え

----------------------------------

« ビミョーなおうぎ形 | トップページ | まわりの長さは何cm?(第6回ジュニア算数オリンピック、トライアル問題より) »

ゲーム」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ビミョーなおうぎ形 | トップページ | まわりの長さは何cm?(第6回ジュニア算数オリンピック、トライアル問題より) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31